【ゼロの日常】4話感想:業務用スーパーでデートする二人

スポンサーリンク

(新井隆広先生 ゼロの日常 引用)

TIME.4 特製カラスミパスタ
感想です。

前回は風見との仕事風景の
日常でしたが、
今回はポアロの日常です。

⇒ 《前:3話感想

やはりポアロ関係の話の方が
格段にティータイム感があって
いいですね。

コナンに不足している
日常感を存分に
満喫したいと思います。

スポンサーリンク

業務スーパー

梓と2人で買い出しに
やってくる安室。

映画の時にも思いましたが、
こうして2人で買い物していると
カップルにしか見えないのが
こわいところです。

さて今回も
オクラがなぜ緑のネットに入っているか、
という豆知識を
安室に自慢げに話す梓。

優しみに溢れた安室は
前回と同じく、

「そうなんですか!
梓さんは物知りですね!」

とヨイショしてあげます。

目当てのものをカゴにすべて入れ、
お会計へ向かう2人。

レジに並ぼうとする安室ですが、
梓に止められます。

どのレジが一番早いか
見極めないと!

と推理を始める梓。

2人で会計をしている
激アツな列を見つけ、
この列にしましょう!
とごきげんです。

探偵になれそうですか?
などと調子に乗るところが
かわいいです。

安室は微笑みながら
クロレッツを棚から取って
華麗にスルーしようとしますが、

カラスミ!!

と大切な材料を
失念していたことに
気づく梓。

ポアロ特製カラスミパスタが
作れなくなってしまうとのことで、
2人で探しに行きます。

ところが
売り場には残り1個しかなく、
梓はおばさんとバトルになります。

ふぁいっ

安室はそんな女のバトルに
少し引きながらも、
研修中の店員に
確認をとります。

「品切れ」と聞くと、
安室は何を思ったか、
カラスミをおばさんに
譲ります。

一方で、
先程の店員に
倉庫を確認するよう頼みます。

どうやらスーパー用語の
「欠品」ではなかったので、
倉庫にはあるのではないか、
という安室の推理だったようです。

カラスミGETだぜ

無事にカラスミを確保し、
日常が守られることとなりました。

バトルしたおばさんとも
カラスミパスタを通じて
仲良くなれたようで、
めでたしめでたしですね。

スポンサーリンク

次回

次号、安室の強さの秘訣が
垣間見られる日常――――!?
という次回予告になっています。

筋トレなど
体を鍛える的な回になる
ということなんでしょうか…

来週の展開も楽しみですね。

犯沢さんにゲスト出演する
安室と風見を発見。(+ツノ)

⇒ 《次:5話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る