【渡くんの××が崩壊寸前】36話感想:絶対別れさせたい石原ママン

スポンサーリンク

(画像:鳴見なる先生 渡くんの××が崩壊寸前 引用)

BREAK36 直人の選択
感想です。

前回は石原ママンが渡家に
単独乗り込んだところで
終わっていましたね。

今回はそんなママンの
回想からスタートです。

⇒ 《前:35話感想

スポンサーリンク

過保護ママン

高校入学前の春休み、
石原さんとお買い物を
楽しむママン。

思った通り、
石原ママンは
過保護なやべーやつでした。

悪い虫は取り除かなくちゃ
紫ちゃんがこのまま
”きれいなまま”大人になれるように

・・・

いやー
思った以上に
ガチですねこれは。

石原さんを眺める
男子高校生をにらむ目つきが
完全にイってます。

石原さん

回想が終わり渡家。

渡くんがまだ帰ってない
ことを確認すると、
妹ちゃんとガーデニングトーク
を軽くしてそそくさと
帰っていきます。

一方、
何も知らない石原さんは
徳井くんに電話をして
渡くんから何か聞いてないか
確認します。

しかし徳井くんも
LINEの反応がないとのこと。

そして石原さんの
お母さんの邪魔が入っちゃって…
という言葉に対して、
また厄介な…
と思っていることから、
石原ママンのアレなところを
知っているようですね。

ママンは石原さんにも
「渡くんとはお友達でいいんじゃない?」
と出かける前に言っていたようで、
しょんぼりする石原さんですが、
明日も補講で会うんだろ?
と徳井くんに言われ、
元気を取り戻します。

電話を切る徳井くん。

しかしその瞬間、
再び石原さんから電話が…
と思いきや

石原美桜

ママン…
こわいよこわいよー

スポンサーリンク

渡くん

河原からの帰り道。

石原さんと別れるかも、
でも別れたくない、
と紗月に話す渡くん。

いろいろありすぎて
テンパっております。

するとそこへ
車でかけつける石原ママン。

ひぇっ

徳井くんに
色々聞き込みしたわけですね。

2人を車に乗せ、
スーパーへアイスを買いに。

紗月は車内で昼寝をはじめ、
渡くんは石原ママンを2人きりになります。

渡くんは、
今日の事怒りに来たんですよね?
その、あれは全部オレが悪くて…
と話しますが、

本当は紫ちゃんのほうから
誘ったんでしょ、
とすべてお見通しなママン。

少しでも早く
安心させてあげたかったの、
と渡くんを一瞬油断させてからの

紫とはこれからも
いい”お友達”でいてね

です。

反撃を試みる渡くんですが、
何が何でも別れさすという
強い意志を感じるママン。

紫ちゃんとは
いったん別れてほしいの、
大人になってから
まだお互いに気持ちがあれば
やり直せばいいわ

と、取り付く島もありません。

帰宅

紗月のアパート前で
車を降りる2人。

直くん
私は何も聞かないよ、
と言う紗月。

渡くんも
うん、それでいい
助かる
と背中を向けたまま
家へ帰っていきます。

帰宅して
妹に哲学的な問いを
投げかける渡くん。

オレの今の気持ちは
どこもってけばいいんだよ?


なんだ?
ど、どうした?
と言いつつも、
よしよししてくれる
いい妹です。

ギスギスした話に
訪れる癒しタイムです。

スマホを見ると、
石原さんからの
もっともっと
渡くんと一緒にいたいな
という甘々なLINE。

明日の補講サボって
デートしよう
と返信する渡くん。

石原さんはうっかり
ウソ…渡くんからデートしようって
ウソ…ホントに!?
などとでかい声で
独り言を言うので、
ママンに気づかれてしまいます。

これは次号のデートを
阻止してくるか
途中で邪魔してくるか
のどっちかでしょうね。

いい未来は見えなさそうですが…
次回も楽しみに待ちたいと思います。

⇒ 《次:37話感想
⇒ 《前:35話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る