【政宗くんのリベンジ】49話(最終話)感想:愛姫さまおめでとう!

スポンサーリンク

(竹岡葉月/Tiv先生 政宗くんのリベンジ 引用)

第49話 Dead or love?
感想です。

なんで師匠負けてしまうん…

⇒ 《前:48話感想
⇒ 《師匠ルート考察
⇒ 《愛姫ルート考察

スポンサーリンク

師匠と無事ゴール

春。

出かける吉乃に
デート?
と聞いて顔を紅くさせる愛姫。

吉乃が出かけてしまい
ひもじくなる愛姫。

お土産の野沢菜で
お茶漬けを食します。

いいかげん諦めなさいよ
安達垣愛姫
真壁と吉乃はくっついたんだから
とモノローグ。

愛姫の回想によると、
戻ってきた吉乃に
うまくいったの?
と聞いた時の反応から、
うまくいった
と思ったようですね。

新学期になり
クラス発表。

双葉さん、
ノーパン、
吉乃はE組のようです。

ぴょんぴょんする
師匠が可愛いこと
この上ありません。

吉乃に笑顔で接する寧子。
ノーパンは大人やでほんま…

一方、
政宗と愛姫は
A組で一緒になります。

愛姫は、
せっかく諦めようと思っているのに
政宗と1年同じ…つれぇわ
という反応ですが、
政宗はさっぱりした感じ。

授業中も何気ない感じで
接してくるため、
苦しい愛姫。

体育倉庫に逃げ隠れ、
おにぎりをドカ食いして
気を紛らわせます。

すると
新作の限定パン(小十郎きゅん風味)
を持ってくる政宗。

なんなの?
何がしたいの?
と聞く愛姫。

政宗は、
何って
君に謝りたいことが…
と返しますが、

吉乃が
やめなよ、
と腕をつかみ
その場から去っていきます。

いちゃつかないでよ
バカップルが…!
と苛立ちを隠せない愛姫。

政宗と二人になる吉乃。

「よしのってよんで」

・・・

かわいい。

まだなんだよ
もうちょっとだけ

いまじゃないよ

と意味深な事を
言う師匠。

…と思っていた時期が(ry

ページをめくると
髪をバッサリ切った愛姫の姿が。

ええええええええ――!
とどうやら愛姫も初めて聞く
大声を出す吉乃。

いつまでたっても
諦めきれないから
形から入ってみたの、
と言う愛姫。

すると、

ちがうの!
もうばか!
ちょっとイジワルしようと
おもっただけなのに!

とぼんぼん愛姫の平らな胸を
叩く吉乃。

しりたいなら学校いって!
と愛姫を学校に行かせます。

愛姫さまも
こんなきもちでわたしを
見送ってたのかな

・・・

えっ

吉乃ルートに
暗雲が立ち込めてきました。

学校に着いた愛姫。

初めの頃
愛姫が政宗にやった
ゲームを使って
自分を探させる政宗。

学校中を歩き回り、
政宗を見つける愛姫。

政宗は愛姫を追いかけ、
つかまえた、
と腕をつかみ
そのまま倒れ込みます。

愛姫は、
もういい加減私のことは
放っておいてよ!
あなたたちが仲良しなのはわかるから
と泣きながら言います。

でも俺
ちゃんと謝りたくて、
と返す政宗。

愛姫「別に吉乃と付き合ってること
   私に謝らなくていいから!」

政宗「付き合ってない」

・・・

は?

政宗「言われたけど断ったんだよ」

※師匠ルート完全終了のお知らせ※

スポンサーリンク

回想

前回のキスの続き。

わたし
豚足がすき
と告白する吉乃。

…師匠は
それを言いにここまで
来てくれたんだな
と言う政宗。

うん
そうだよ

・・・

俺も言わなきゃいけないことがある
でも
それを言う相手は…

当然の愛姫エンド

政宗は、
見返して復讐してやる、
と思って転校してきたこと、
でもそれは勘違いだったことなど
を愛姫に伝え、

俺と付き合ってくれる?

と言います。

2人はなんやかんや
ちゅーをし、

舌を入れられて
いやああああ
と愛姫が叫んだ…
と思わせる描写の後、

屋上から2人を眺める
吉乃の姿が映り、
おしまいとなりました。

スポンサーリンク

感想など

色々な根拠を集め
吉乃エンド来たな!
と思いつつも
薄々は愛姫エンドだろうと
覚悟していましたが、
やっぱり愛姫エンドでした。

サブヒロインとくっつくなんて…
叶わぬ夢だったということです。

ノーパンにビンタまでくらって
いっぱいちゅきっ
と言いに行って振られる吉乃、

最終話の2/3にも渡って
吉乃とくっついたと思わせる
師匠派をどん底に落とす流れ、

なんかよくわからんけど
蕁麻疹が出たノーパン、

そしてそもそも
蕁麻疹とは
一体何だったのか、

色々と思う所はありますが、
髪切った愛姫さま可愛いから
オールオッケーとします。

ただ吉乃好きな人にとって、
最終話を順番に読み進めていくと、
この落差はショックが大きいですよね…

あれっ
まさかほんとに師匠が!(ウキウキ)
と思ったところに
突きつけられる現実。

師匠にはどうか
幸せになってもらいたい
と願わずにはいられません。

OADだけでなく、
番外編のお話が
まだ少し続くようですね。

それはそれで
楽しみたいと思います。

竹岡葉月先生、Tiv先生は
長い間お疲れさまでした。

■無意味だった考察
⇒ 《師匠ルート考察
⇒ 《愛姫ルート考察

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る