【初恋ゾンビ】133話感想:タローおにーたん大スキ~(はーと)

スポンサーリンク

(峰浪りょう先生 初恋ゾンビ 引用)

第133話 考える姉
感想です。

タロウの初恋ゾンビについて
何を父は知っているのか…
気になる前回の続きからです。

⇒ 《前:132話感想

スポンサーリンク

初恋ゾンビ

タロウが見ていたのは
悪魔だと言う父。

あえて名前をつけるなら…
初恋の人工未知霊体(男性限定)
と、ひいじいちゃんから聞いて
初恋ゾンビについては知っている様子。

タロウ父は話を聞き、
タロウの言動から
タロウにはそれが見えている
と考えていたようですね。

冗談でしょ?
と軽く流す一姫ですが、
頭の中ではいい具合に
的確な推測をしていく一姫。

イヴがタロウの横にいる
ことを想像し、
ゾクっとします。

おやじ狩り

運転中に色々と考えすぎて
ぼーっとしていた一姫、
前方の人に気づいていませんでした。

タロウ父の声で
ハッと気づき、
瞬時にハンドルを切り
ビタッと縦列駐車。

さっすが一姫ちゃん!!
とのんきな父は置いておいて、
ごめんなさい!大丈夫!?
と立っていた人に声をかける一姫。

立っていたのは
亜美でした。

亜美は江火野の話を聞いて
泣き続けていたようで、
タロウ父の姿を
タロウと勘違いします。
(髪の量で気づけ…)

不良モードになって
タロウ父の胸ぐらをつかみ
文句を言いますが、
背の高さで別人だと気づきます。

タロウ父は
こわぁ…
DQN苦手なんだけど~…
と案外小心者な様子です。

久留米~と呼んだことと
芽衣ちゃんと言っていたことから、
タロウの同級生かと尋ねる一姫。

亜美は
少しお話したいと言い、
タロウの好きな子の心当たりを
聞いてみます。

一姫は
亜美が江火野の親友で
タロウに好きな子がいると
江火野が知ってショックを受けてる
ということでOK?
と素早く関係性を理解しますが、

流石に弟の恋の相手までは
把握してないな、
と答えます。

スポンサーリンク

結論

タロウに好きな子がいる、
という情報を得て、
結論を導き出した一姫。

タロウは自分の妄想に恋をしている…
しかも
妄想の幼女(ロリ)に
入れあげるとは~!!

さっきゾクっとしたのは
ここの伏線だったのだ。

姉に完全にやべぇ奴と
勘違いされたタロウ。

次回2人は接触するんでしょうか?
だとするとタロウが不憫だな…

タロウに引き気味で接する
一姫が見ものです。

⇒ 《次:134話感想
⇒ 《前:132話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る