【ゼロの日常】10話感想:安室ハロ

スポンサーリンク

(新井隆広先生 ゼロの日常 引用)

TIME.10 決めた
感想です。

ギターを担ぎ、
バンドマン風の安室。

真の男たちは、
後ろ姿も様になる――――

キャッチコピーが
だんだん「ガイアが俺を…」
みたいな方向性になってますが
大丈夫でしょうか。
少し気がかりですね。

⇒ 《前:9話感想

スポンサーリンク

予防接種1

ワンコと暮らすことに
なった安室。

早速予防接種を
受けさせに動物病院へと
やってきます。

どうやら
ペットの名前を
決めないといけない様子。

どんな名前をつけるか
楽しみです。

ワンコは注射が苦手
なようで、
元気に暴れまわります。

名前

さて
注射を終えて
帰宅する安室。

任務か何かでしょうか、
左腕を負傷していたようで、
消毒をしようとしますが
アルコールの臭いに反応し
再び暴れるワンコ。

アコギにゴンッ
と体当たりをかまします。

友達と一緒に演奏したくて
覚えたんだ…
と懐かしそうに
ギターを鳴らす安室。

ワンコはアコギの音が
気に入ったようで、
ご機嫌です。

安室が弾く『故郷』を聞いて
すっかりいい気分で
昼寝です。

犬の中でもオオカミに近い種類は、
遠吠えで仲間とコミュニケーション
をとる習性から、
サイレンやインターホンなど
特定の音に反応を示すことが多い…

なるほど…
また一つ勉強になりました。

ワンコが特定のフレーズで
声を上げるのもそれが理由かも…
と音階をチェックしていき、
ドとシの並びに規則性を見つける安室。

そこから考え、

ドシ

CB

ハロ

と、和名の音階で
うまく名付けることが
できました。

スポンサーリンク

予防接種2

風見と会話する安室。

予防接種があるんだ!
済み次第再び合流する…
と、明らかに仕事を
ほっぽりなげて
ワンコに注力する安室。

会話も遮り、
もう行く…
連絡を待て!
と風見の扱いもぞんざいです。

そんな風に言われても
はい!別命あるまで待機しております!
と忠実な風見の方が
よほど安室の犬ですね。

そして動物病院に
やってきた安室とハロ。

二回目は無事に
受ける事ができそうですね。

次回は風見との
濃厚な夜が繰り広げられそうです。

⇒ 《次:11話感想
⇒ 《前:9話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る