【かぐや様は告らせたい】105話感想:文化祭でミコちゃんは成長するのか

スポンサーリンク

(赤坂アカ先生 かぐや様は告らせたい 引用)

第105話 伊井野ミコは愛せない①
感想です。

ついに文化祭編が
スタートです。

ついに藤原書記のおもちゃである
ミコちゃんが成長するのか…
非常に楽しみです。

⇒ 《前:104話感想

スポンサーリンク

つばめいいんちょ

冒頭はロリミコちゃん。

今は廃止されたキャンプファイヤーが
ミコちゃんの心には
強く残っているようです。

さて
文化祭が2DAYSになったことで
大規模開催となり、
文化祭実行委員は人手不足。

石上とミコちゃんが
ヘルプに駆り出される
ことになります。

委員長はつばめ先輩
ということで、
俄然張り切る石上。

翌日の定例会議、
体育祭ばりに
ウェーイ系のノリで
押し切っていくつばめ先輩と
その他大勢。

テンションについていけない
ミコちゃんでしたが、
経験者の石上は
がんばってついていきます。

ところで、
小野寺さんも実行委員です。

小野寺さんの出番が増え、
密かに増えつつある
小野寺さんファンには
たまらない展開ですね。

名前が麗と明かされましたが
初だったでしょうか…

そんな小野寺さんの
スローガン案、
体育祭ばりにきまってます。

石上はマジ卍、
ミコちゃんは???です。

続いて発表する
広報班のメガネ男子には
卍と言いつつも
心の中では辛辣な石上。

ミコちゃんは
たまらず壁ではなく
机ダァンをかまし、
もっと真面目に!
と言いますが、
小野寺さんに正論をぶつけられ、
周りに注目されてあがってしまいます。

助けを求めようと
チラ…と隣を見るミコちゃん。

デヘ デヘ

ミコちゃんの石上へ対する
好感度マイナス100ですね。

つばめ先輩のフォローにより
スローガンは一旦
持ち越しとなり、
生徒からの質問を
考えていく委員。

つばめ先輩がミコちゃんを
しっかりとフォローしたのは、
石上がデヘデヘしながらも
何か遠回しにフォローしてたからなのかな…
だとしたら松ですね。

販売価格、
クレープ屋台、
とそれぞれメガネ男子が
回答をしていきますが、
それに対案をぶつけていく石上。

今回の石上やるな…
とか思っていたら、

メガネ共…
つばめ先輩にいい所見せようって
魂胆が丸見えなんだよ
ぜってぇ潰す

と、単に低レベルな
マウント合戦を
行っているだけでした。

いつもの石上で
安心した。

キャンプファイヤー

最後の質問、
キャンプファイヤーを望む、
に対してぜひやりましょう!
と反応するミコちゃん。

しかしまたしても
小野寺さんの質問から
注目をあびてあがってしまう
ミコちゃん。

そんなミコちゃんを見て、
お前のそれまだ治ってねぇのかよ
ハァ…助けてやろうか?
と言う石上。

そんな石上のおかげで
吹っ切れたのか、
ミコちゃんは選挙の時のように
まくしたてます。

するとそのままの勢いで
町内会に直談判しに行くと
言って聞かないミコちゃん。

数人でお守をしてあげたそうですが、
ミコちゃんの日頃の行いから
町内会などの協力を得る事に
無事成功し、
なんだかんだで
キャンプファイヤー実施を
もぎ取ります。

ミコちゃんはその後も
近隣住民への挨拶を
小野寺さんと周ります。

小野寺さん…
なんで手伝ってくれるの?
と聞くミコちゃん。

小野寺さんは、
はぁ?そりゃ手伝うでしょ
わたしだってキャンプファイヤーとか
めちゃやりたいし!
と答えます。

ミコちゃんは、
…うん、
と嬉しそうな顔。

無事にスローガンも決まり、
今回の話はおしまいです。

スポンサーリンク

次回へ

最近ギャグに振っていた反動か、
比較的真面目な回でした。

文化祭を通して
ミコちゃんが成長していくんだ
と思うと、
むねあつですね。

ていうか
タイトルの愛せないってのが
気になりますね。

ステラの花が石上だと
判明するけど
好きにはなれない、
とかそんな意味を含んでいる
のでしょうか…
シリーズものは妄想が膨らみますね。

がんばれミコちゃん。

⇒ 《次:106話感想
⇒ 《前:104話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る