【先生、好きです。】29話感想:負けたら樋口先生がなんでも言う事聞く

スポンサーリンク

(三浦糀先生 先生、好きです。 引用)

問29 宣戦布告していいですか?
感想です。

合唱コンクールの続きです。

⇒ 《前:28話感想

スポンサーリンク

担任を売る

打倒高杉先生のクラスに
燃える樋口先生率いる桜組。

本番を数日後に控え、
学校内でも両者ケンカ腰です。

するとイッチー、
賭けをしましょう、
と高杉先生に持ち掛けます。

私たちが負けたら
樋口先生がなんでも
言う事聞きます!

!?

日頃の樋口先生の行いに
イッチーもやはり
多少はうっぷんが
溜まっていた、
という事の表れでしょう。

担任を容赦なく
敵に売っていくスタイルです。

ちょっ
そういうのよくないですよ!
と反抗する樋口先生ですが、
誰も聞いていません。

勝った場合は
クラス全員にハーゲンダッツ、
ということで話がまとまります。

アイスが追加賞品となり、
俄然やる気の上がる桜組。

はちまき

樋口先生は
桜の刺繡入りのハチマキを
用意していた模様。

国語教師にも関わらず
簡潔にまとめて説明
できていませんが、

武士のように
私たちも優勝のために
精一杯戦おうということですね、
と渡辺さんに助け舟を出され、
うまい具合にまとまりました。

スポンサーリンク

風邪

前日の朝、
渡辺さんが風邪で休みと
連絡を受ける樋口先生。

渡辺さんは伴奏のため、
クラスのみんなも不安になります。

しかしそこはイッチー、
大丈夫大丈夫!
とみんなを勇気づけます。

そして、
お見舞いに行こうという子達には、
絶対に行っちゃダメ、
と言って止めます。

イッチーは
渡辺さんが一番勝ちたいって
思ってるはずだから
練習を1分でも長くしなきゃ、
と渡辺さんの事をわかっているんですね。

一方
樋口先生は
芋虫のように寝る渡辺さん
をお見舞いに。

2人が成長している姿が見れて
教師としてすごく嬉しいです、
でも僕は明日教師失格のことをします、
と言う先生。

これは

まさか…

セッ…

違いました。

まだ熱が少し残る渡辺さんを
自転車の後ろに乗せて
学校に向かうだけでした。

先生が相変わらず若いので
学生が二人乗り
してるようにしか見えません。

そして次回
合唱コンクール本番へ…

⇒ 《次:30話感想
⇒ 《前:28話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る