【彼女、お借りします】53話感想:貢いでいく和也

スポンサーリンク

(宮島礼吏先生 彼女、お借りします 引用)

満足度★53 夢と彼女④
感想です。

俺と水原が同じなわけねーだろっ!
と落ち込む千鶴を勇気づける和也。

…からの続きとなります。

⇒ 《前:52話感想

スポンサーリンク

貢ぐ宣言

俺、来週レンタルするよ
水原のこと!

その次の週も

またその次の週も
レンタルするよ!

!?
は!?

キャバ嬢に貢ぐ
ダメ男か何かかな…

いくらでもいい!!
に対して

ええっ!?
と反応する千鶴の顔が
完全に引いています。

そしたらまたバイトして
借りる!!

その次の週だって
また次の週だって!
水原レンタルするために
毎日すっげー働くんだ!!

だ、ダメだこいつ…
早く何とかしないと…

水原はがんばってる、
才能がないわけない、
舞台も水原が一番だった、
と千鶴を励ます和也。

ここだけ見れば
かっこいいんですが、
最後の台詞が

働く!
俺どんだけでも働くから!!

・・・

働きたくないでござる!
に比べたらマシと
考えることにしました。

諦めるなんて言うな!
と言われ、
和也の足をぐりっと踏みつけ(ご褒美)
去っていく千鶴。

予約完了

部屋に帰ってくると、
海くんの電話があり、
汐織ちゃんから
お礼を言われます。

う~ん、これは心が痛いです。

電話を切ると、
たくさん書き込まれた
舞台の台本を眺め、
うぅ…と落ち込む千鶴。

するとティロンっと鳴る
スマホの通知。

どうやら
和也氏が
続々と千鶴のレンタルを
予約してきたようです。

世の中には
お金を貢ぐのが快感と言う
性癖を持った人もいるので、
きっと和也はそういう
タイプなのでしょう。

そんな和也からの通知に、
馬鹿っ多すぎよ
と涙を流しながら微笑む千鶴。

いや~、本当に多すぎです。
和也のお金が心配になってきます。

次回以降、
和也がいかにして
レンカノ費用を稼いでいくのか、
とても楽しみです。

⇒ 《次:54話感想
⇒ 《前:52話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る