【五等分の花嫁】33話感想:ガンガンいこうぜの三玖、重役出勤見舞いの五月

スポンサーリンク

(画像:春場ねぎ先生 五等分の花嫁 引用)

第33話 お見舞いエンカウント
感想です。

センターカラーです。
いきなり真っ白な服を着た
かわいこちゃんが登場です。

5つ子が昔の写真
といってアルバムを見ていた
ときの服ですね。

さて、
病院の個室で
星座占いを見る風太郎。

牡羊座のようですが、
残念ながら最下位です。

恋愛運  30点
健康運 -100点
金運  -500点

マイナス側のインフレが
ひどい占いです。

そんなことはさておき、
あらすじの部分をよく読むと、

母から教わった
寝込んだ時の
”おまじない”として
風太郎の手を握る五つ子たち
(以下略)

と書いてあります。

てっきり
キャンプファイヤーの伝説で
みんながこぞって
手を握ったとばかり
思っていました。

そんな理由があったんですね。

病院に戻って
診察を受けます。

先生の言動が痛いです。

彼女いませんよ、に対し
⇒だろうな!(自分でふっといて)

・学生時代勉強漬け
・女友達なし

風太郎もきっと
こんな大人には
なりたくないと
思ったことでしょう。

そこへ
ハァハァ…
と息を切らして
やってくる二乃。

体つきが妙にリアルな
感じがしますが、
多分ハァハァという
文字のせいです。

誰もいないことを
確認するところもやらしいです。

と、風太郎のミサンガが
アップになる描写があります。

先週の未来の話では
ボロボロになっていましたが、
現在で出てきたのは
これが初?でしょうか…

となると、
いつ作ったことになるのか謎ですね。

林間学校から帰ってきて、
その後らいはちゃんが作った…?
とかでしょうか。

謎が明かされていくのを
待ちましょう。

※追記
らいはちゃんが
林間学校前に作ってあげた
お守りでしたね。

そして、
よりによってお前が
見舞いに来てくれるとは…

という風太郎に対し、
歯切れの悪い二乃。
そして隠れます。

すると一、三、四
が合流します。

二乃の匂いに反応する四葉。

そんなに体臭きついのか
とぼそっと言う風太郎。
割と失礼です。

一方、
一花に宣言した通り、
ぐいぐいと押していく三玖。

もう8割くらい
好きと言っているようなもんです。

さみしくなったら呼んで
いつでも看病に来るから❤
※看病=

サンキュー
でも一人の方が楽だから
※一人=

空手チョップで
制裁する一花。

確かに今のは
セッ…のお誘いに乗らない
フータロー君が悪いです。

そんな一花は
風太郎がいることで
必然的に学校に未練が残り、
ひとまずちゃんと通っている模様。

風太郎にぶつかってもいないのに
早々に退場されては
困りますからね。

三玖はあまり手を
付けていない食事を見て、

言ってくれたら
私が作ったのに(たらふく)

と風太郎を怯えさせます。

一花と三玖でパンを
あーんしたところで、
四葉が二乃を見つけ出し、
そろって部屋を出ていきます。

体調が良くなった風太郎は、
廊下で騒いでいた4人を見つけると、
実は予防接種のついでのお見舞い
だったことを知ってしまいます。

恋愛運30点ですから、
こんなもんでしょう。

あと病院の先生は
昔どこかで会っている系
のようですね。

女の子と仲良くしているだけで
裏切者!と発狂する
器の小さい人に見えたのですが…

すると突然
若かりし頃の五月(?)
が枕元に…

風太郎さん
おクスリ
ダメ、ゼッタイ

五月は、
風太郎が勉強する理由を
尋ねにきたようです。

メインヒロインは
遅れてやってくるのだ
と言わんばかりの
重役見舞いです。

来週は回想メイン
になるのでしょうか?

目が離せなくなってきました。

⇒ エンディング考察

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る