【先生、好きです。】31話感想:決断の時が来てしまった樋口先生

スポンサーリンク

(三浦糀先生 先生、好きです。 引用)

問31 今日は何の日ですか?
感想です。

あっこの流れ…
進研ゼミで見たことある

⇒ 《前:30話感想

スポンサーリンク

海へ

溜まっていた仕事を片付け、
一息つく樋口先生。

何か忘れているような…
と考えていると、
備品買いにいくぞ
とイッチー&渡辺さんに
連れ去られます。

電車に乗り、
寝過ごしてしまったとのことで、
海へ到着する一同。

イッチーは早速海へ膝まで入り、
お尻及び胸を強調していきます。

渡辺さんはガッツレンジャーの
像を砂で作り、
先生を喜ばせます。

しかし
渡辺さんが先生といちゃつくのは
死んでも許さないイッチー、
何それ見してー
とナチュラルを装い
砂の像にタックル。

読者へのパンツと引き換えに
破壊に成功します。

(※筆者の主観による解釈です)

花火

すっかり暗くなって夜。

花火が始まります。

樋口先生は
花火と火を持ってきてくれた
いたいけな女子高生二人を
タバコに火をつけてくれるキャバ嬢(妄想)
と重ね合わせるなどしていることから、
お疲れのようです。

花火を持って
文字を書こうとするイッチー。

しかし
自分視点で書いたため
何を書いているかわかりません。

渡辺さんは、
こうしないと…
と言って樋口先生の懐に入り込み、
「好き」
と書きます。

対抗心を燃やすイッチー、
じゃぁこれは!?
と言って
自ずの胸部を押し当てていきます。

邪魔しないでください
と怒る渡辺さん。

イッチーと言い合いになります。

そんな二人を見た樋口先生、
花火を使って
「ケンカダメ」
という文字を書きますが、

そうじゃないでしょ!
そこは先生も愛の言葉をですね!!

そうそう!!
愛してるとかさ!

と二人にダメ出しをくらいます。
こういう時は気が合うようですね。

最後に線香花火をする三人。

なんでも言う事を聞くという
勝負が始まります。

樋口先生いっつも
なんでも言う事聞かされるな…

そして
速攻負ける先生。

二人に目をつぶるよう
言われて目をつぶります。

しばらく時間が経ち、
開けていいよと言われ、
目を開ける樋口先生。

そこには、
Happy Birthday
ちくび先生

(↑本当に見間違ったんです、許してください)

という誕生日を祝うケーキ
の絵が砂浜の上に書かれていました。

どうやら
備品の買い出しというのは嘘で、
二人が企画した
サプライズの誕生日イベント
だったようです。

樋口先生は
人生最高の誕生日です、
と二人に感謝します。

そして電車にて帰宅。

彼女たちに出会えて

好きって気持ちを
教えてもらって

何気ない日々も
毎日が特別になった

そして

・・・

スポンサーリンク

あと2話

一年半後――――
決断の時が来た

・・・

残念ながら終わっちゃいそうです。

マガポケへ移籍して
えってぃ路線重視になって
いい感じかと思っていたんですが…

作者Twitterによると
33話がラストのようです。

最後を妄想しつつ
残り2話も楽しみたいですね。

⇒ 《次:32話感想
⇒ 《前:30話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る