【渡くんの××が崩壊寸前】38話感想:膝枕に情熱を持て余す

スポンサーリンク

(画像:鳴見なる先生 渡くんの××が崩壊寸前 引用)

BREAK38 自分の将来
感想です。

梅澤さんの太ももアップ
から始まる38話です。

⇒ 《前:37話感想

スポンサーリンク

病院

梅澤さんのケガは
ひとまず大したことは
なかったようです。

病院の待合室で、
はいてないから、
と太もも~お尻を
たくさん見せてくれます。

別に付き添いとか
頼んでないですけどー
と言いつつ嬉しいツンデレ。

キズ残らないといいな
女の子だし、
と言う渡くんの台詞に、
女扱いされたと解釈して紅くなり
圧倒的チョロイン力を発揮する梅澤さん。

太ももの辺りをもじもじとさせ、
妄想が膨らませてくれます。

渡くんはまだ梅澤さんが陸上部
だと思っているため、
気を利かせて先生や部の人に
事情を話さないと、
と言ってくれます。

しかし
退部届提出済みの梅澤さん、
タイミング的に言えず、
タクシーでそそくさと帰っていきます。

はらへりへりはら

すっかり遅くなり
帰宅する渡くん。

鈴が腹減りでぐったりです。

夕飯を用意しておいたはずでしたが、
冷蔵庫半開きという失態を犯し、
食べれなかった模様です。

しかしどうやって知ったのか、
紗月がバイト先のステーキ弁当を
持ってきてくれて事なきを得ます。

セクシー!
セクシー!

紗月に聞かれ、
事情を説明する渡くん。

明日のお昼デートを
キャンセルしないと…
などとてんぱりモードです。

そんな渡くんに、
1人で抱え込むなよ、
と自身が言われた台詞を
かけてあげる紗月。

ついでに
膝枕のお誘いまでしてくれます。

ですが、
律儀にできるか、
と席を離れる渡くん。

性欲に屈する寸前でした。

そんなムラムラとした渡くんに、
もっと鈴のことも頼ってもいいんだからね、
と買い出しを買って出てくれる鈴。

渡くんは、
ありがとな、2人とも、
と感謝します。

スポンサーリンク

石原さん

ケンカ中なことを忘れて、
一瞬和やかにママンと
会話をしてしまう石原さん。

石原ママンは
1時間なら当面心配なさそうね、
と満足そうです。

1時間あれば早〇ならあるいは…

一方の石原さんは、
1日会えなくなるだけで、
ちょっと寂しいな(ぽわぽわ)…
とプチ発情モードに入ってしまうほど、
渡くんにぞっこんです。

ぼっち梅澤

やることがなく、
ベッドでじったばったする梅澤さん。

今回はやたら際どいショットが
多くて目のやり場に困ってしまいますね。
本当にはいてないように見えてきます。

そうこうしていると、
バイトが終わった渡くんから
電話がかかってきます。

今なら渡先輩は妹や彼女さんよりも
私を優先してくれる、
こんな機会今逃したらもう絶対にない、
と考える梅澤さん。

先輩
足が痛くて動けない
今すぐ寮に来てください、
と渡くんを呼びつけたところで
今回は終了です。

梅澤さんはどうがんばっても
負けヒロインルート一直線ですから、
今回のチャンスにちゅーの一つや二つ
奪っていってほしいですね。

次回も楽しみです。

⇒ 《前:37話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る