【先生、好きです。】32話感想:恋愛初心者の卒業式

スポンサーリンク

(三浦糀先生 先生、好きです。 引用)

問32 答えは一人ですか?
感想です。

火曜日に更新されていました。

⇒ 《前:31話感想

スポンサーリンク

卒業式

あっという間に
卒業を迎えたイッチー&渡辺さん。

モブ子の容姿が
イッチー進化verみたいで
お可愛いですね。

イッチーはそのまま
附属の女子大へ。

渡辺さんは理系の他大へ。

渡辺さんは男の群れに囲まれ
さぞかしモテる事でしょう。

さて、
用事があるということで
抜け出す二人。

告白の返事をさせてください、
という樋口先生からの呼び出しです。

教室に入る前に
会話をする二人。

告白の返事って一人を
選んだことだよね?
と言うイッチー。

渡辺さんも、
だと思います、
と同じ意見。

二人とも返事を聞くのが
怖いようです。

先生の事がやはり好き
ということを確かめ合い、
どっちが選ばれても恨みっこなしだよ、
と覚悟を決めます。

いざ勝負の時

教室に入ると
七三分けで待機していた
樋口先生。

正装をと思いまして、
という樋口先生のセンスに
頭をかしげる部分ですが、
二人はそんなに気にしていないようです。

気を取り直して、
恋愛初心者の卒業式をはじめます、
と言い花束を渡す樋口先生。

まずはイッチーに対し、
僕の人生で初めて好きと言ってくれた人です、
と切り出します。

あとはあれやこれやと
イッチーの良い所を述べ、
市川さんの一生懸命な姿を見るたびに
股間胸が熱くなりました、
大切なもののために
火のように命を燃やせる
市川さんが好きです、
と締めくくります。

一方の渡辺さん。

渡辺さんには助けられて
ばかりでしたねと切り出し、
やはり渡辺さんの良い所を述べ、
水のように僕を受け止め
寄り添ってくれる
渡辺さんが好きです、
と締めくくります。

まとめると、
イッチー=火属性
玉緒=水属性
ということですね。

樋口先生は、
最後にもう一つだけ、
と言い和歌を贈ります。

君がため
惜しからざりし
いのちさへ
長くもがなと
思ひけるかな

・・・

という和歌を引用し、
僕もこの恋を通じて
生きる喜びを知りました、
と言う樋口先生。

二人と出会えてよかった、
二人を好きになってよかったです

だけど一人のことを
より好きになりました

あなたが好きです

皆本先生

・・・

というわけで、
次回最終回です。

やっぱりイッチーですかね、
ここは…

樋口先生の選択を
楽しみにしたいと思います。

⇒ 《次:33話(最終話)感想
⇒ 《前:31話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る