【寄宿学校のジュリエット】69話感想:手李亞がポンコツではなかった

スポンサーリンク

(金田陽介先生 寄宿学校のジュリエット 引用)

第68幕 露壬雄と手李亞と期末試験
感想です。

⇒ 《前:68話感想

スポンサーリンク

期末テスト

期末テストを3日後に控え、
勉強に励む一同。

勉強を教えてもらい、
蓮季から頼りにされる胡蝶を見て、
犬塚から頼りにされる妄想を
展開させる手李亞。

蓮季から、
犬塚は今回は一人で
勉強をしていると
良い情報を仕入れます。

犬塚ルーム

早速犬塚の部屋へと
単独乗り込む手李亞。

意外と行動は早いです。

ドアを開けると、
そこにはミイラ化した
犬塚の姿が。

手李亞に水をもらい、
人間の姿に生き返ります。

テスト期間が始まり、
4日寝ていないという犬塚。
大丈夫か?

色々あって時間がないようです。

あんまり根詰めすぎるのも
よくないヨ、
と手李亞は言いますが、
今回はそんくらいやんなきゃ
ダメなんだ!
と気合が入っている犬塚。

監督生選抜の前哨戦ということで、
上位10名に入って
生徒たちの尊敬を集めよう
というわけですね。

ちなみに前回は
290人中110位という
なんとも微妙な順位。

あっでも思ったより…
と手李亞に言われ、
思ったよりって何!?
と怒る犬塚。

つーか何の用だ?
と聞くと、
その…一人でやってて…
何かわからない問題とか
ないのかな…って、
と言う手李亞。

そりゃまぁいっぱいあるけど?
と言う犬塚に、
よ…よかったら、
手李亞が教えよう…か…?
と積極的に提案してみますが、
いやいいわ
いいわ
いいわ
いいわ
(エコー)
と返されてしまいます。

私は…用なし…
と落ち込む手李亞を見て、
や…やっぱりちょっとだけ
教わろうかな、
と言ってあげる優しい犬塚。

任せなさい
監督生ですから、
と立ち直りの速さを見せます。

ところが、
文系科目は苦手な手李亞、
役に立ちません。

得意な理系科目も
情報量が多すぎて
犬塚にはわかりません。

そっ…そろそろ
オレ一人でやるから
ありがと手李亞、
と大人な対応を見せた犬塚。

再び落ち込む手李亞に対し、
一人で勉強するっていうのは
最初から決めてた事で、
本気で監督生目指すなら
まずはテストくらい一人で
頑張ってみようかなって、
と言います。

スポンサーリンク

ファグマスター

若干しょんぼりして
部屋を出る手李亞。

すると
ケンカの仲裁やら何やらで
犬塚の部屋に助けを求めに
やってくる生徒たち。

時間がないと言っていた理由が
わかった手李亞は、
テストを頑張る犬塚の意志を
守ってあげたい…
ということで、
代わりに解決してみせる…
と決心します。

ケンカの様子を見て
怯えてしまう手李亞ですが、
犬塚の事を想って
何とか解決にあたります。

テスト結果

その結果、
無事に犬塚は5位となることが
できました。

スットコが6位か。

順位の上がった犬塚を
ほめる手李亞ですが、
頼み事を解決してくれていたと
知っていた犬塚は、
オレは手李亞の雑務役になれて
本当幸せだよ!
と逆にお礼を言います。

手李亞は、
えへへ…
監督生ですから…!!
と何とも可愛らしい表情を見せますが、
自身の成績は大幅に下がった模様です。

ひぃぃ

⇒ 《前:68話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る