【かぐや様は告らせたい】109話感想:ドヤ圭ちゃん

スポンサーリンク

(赤坂アカ先生 かぐや様は告らせたい 引用)

第109話 白銀圭は見せつけたい
感想です。

ようやく休載の明けた
かぐや様です。
長かった…

しかも圭ちゃん回とか…
最高ですね。

⇒ 《前:108話感想

スポンサーリンク

おいちい牛乳

明日は中等部の文化祭ということで、
参考に見に行きたいと
圭ちゃんに話す会長。

は?
え――――
……まあ――――
別にいいけど、
と渋々承諾する圭ちゃん。

しかし
学ランは目立つから
やめてと言い、
試しに明日どの格好で行くか見せて
とまで確認します。

そして
着替えて部屋から出てきた会長…

ザ・中学生

こんなんでどう?
と中学生丸出しなファッションで
現れます。

おねがいやめてェ!!
と叫ぶ圭ちゃん。

久しぶりにお腹抱えて笑いました。

そんな中学生みたいな服
恥ずかしげもなく着る奴が
まさか…!
まさか身内にいると思ってなかった!!

ヘアピン
中二英文
ドクロ
一体型

ドラゴンスタイル
と、これでもかとばかりに
痛い中学生スタイルを
ディスる圭ちゃん。

もっとシンプルな服はないの?
とあきれる圭ちゃんの後ろで
スッ…とサングラスを
装備しようとする会長。

圭ちゃんは会長の手首を
つかみ必死にそれを止めると、
せめて私の言う通りにして、
とリュックをやめさせ、
サコッシュ的な小さいかばんを
渡します。

が、ウエストポーチ的に
腰に装備する会長。

ウェストポーチを
ウェストに付けんなあぁ!!
スパァン
と圭ちゃんの軽快な蹴りが決まります。

かばんの付け方で
口論を続けていると、
帰宅なう
と颯爽と帰ってくる白銀父。

今風の格好ですが、
若作りしてるおっさん臭がして
痛々しいと
圭ちゃんに帰宅早々DISられます。

外出用の服をすべてチェックしますが、
どう合わせても終わっている
会長の私服。

圭ちゃんのあまりのいいように、
だってお金ないから…
と悲しい表情になる会長。

おしゃれがしたいのか、
という白銀父は、
オメガのムーンウォッチを
あげます。

色々と思い出の詰まった
品のようですが、
えーなんかおっさん臭い
と圭ちゃんには一蹴されてしまいます。

もうこれじゃ話にならないから
新しい服買うしかないよ
今いくら持ってるの?
有り金全部出して、
と言う圭ちゃん。

絵面がどう見ても
カツアゲの現場です。

それぞれ二千円札と
長野五輪の五千円硬貨
という無駄にバラエティに富んだ
お金を出す二人。

微妙に使いづらいと返され、
ホント仕方ないんだから、
と言いつつもお金を持って
ほら行くよ
早くしないと店閉まる、
と会長を連れ出す圭ちゃん。

父はおとなしく
ごはんの支度です。

スポンサーリンク

文化祭当日

そして当日。

小綺麗に決めた服装で
圭ちゃんのたこ焼きブースに
やってくる会長。

にもかかわらず、
せっかくオシャしてきたのに
そっけない圭ちゃんの態度に
しょんぼりです。

ところがどっこい!

会長の姿に
きゃっきゃと騒ぐ
多分萌葉とエキストラな
圭ちゃんのお友達。

カッコいいねーっ!
ねー!
私もあんなお兄様がいたらなー!
白銀さんクールすぎだよー!
私だったら絶対自慢して周るのにーっ!

と喋る二人の会話を聞き、
渾身のドヤ顔をかます圭ちゃん。

全然そんな事ないし!
と照れを隠しつつ
会話に混ざるのであった。

圭ちゃんが相変わらず
お可愛い回でした。

ドヤァ…

⇒ 《次:110話感想
⇒ 《前:108話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る