【私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!】133話感想:もこっちに友達認定されたゆりちゃん

スポンサーリンク

(画像:谷川ニコ先生 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 引用)

喪133:モテないしつながっていく
感想です。

⇒ 《前:132話感想
⇒ 《次:134話感想

スポンサーリンク

いざ食堂へ

前回のもこっち
昼飯争奪杯を制したネモ。

どうやら
あーちゃんも
連れていくようです。

この前迷惑かけたから
おごらせて、
とのこと。

迷惑?

…あぁ
ヤンキー吉田の
かわいこパンツの
件ですね。

いや大丈夫だけど…
というもこっちにも
頷けます。

もこっちにとって
ヤンキーへの悪口は
日常ですから、
きっと何とも
思っていないでしょう。

弟の股間を狙いし者

列に並んでいると、
弟の股間を狙う者が
現れます。

席も一緒に座ることになり、
弟にちょっかいを
出してるヤツ
と、悪意に満ちた
紹介をくれてやります。

まぁ事実なので
仕方ない。

タオル、使ってんだろうな。

スポンサーリンク

ネモVSゆり

弟いるんだ~
というネモの背後から、

私は会ったことあるけど

と敵対心むきだしなゆりちゃん。

ガチレズさんに
誘われただけ、
とありますが、
多分席を選んだのは
ゆりちゃん。
間違いない。

ネモはもこっちと
弟の会話を続けますが、
ガンガンとマウントを
とってくるゆりちゃん。

もこっちは私のものだ
という勢いが感じられます。

もこっちがボソッと
初耳だが…
と言っているので、
誇張が入っているのでしょう。

ゆりちゃんの暴走に
ガチレズさんも冷や汗。

でもこんなに弟の話をしてると…

おい!
どこさわったんだおい!!

と空気をぶち壊す小宮山。

無事、あーちゃんにも
やべぇ奴認定されました。

そんなことよりも
注目すべきは、
もこっちの

私の友達に
気持ちの悪い
からみかたすんなよ

からの

ネモ「……」
ゆりちゃん「私の友達…」

の対比ですよ。

ゆりちゃんは
友達と言われて
ウキウキ。

ネモは
ゆりちゃんが友達と
言われてモヤモヤ。
えっ私は?
的な嫉妬で
いっぱいでしょう。

ゆりちゃん
まじチョロインだな。

ネモはまだあきらめるな。
がんばるんだ!

もこっちが小宮山に
飲み水をピッピッと
かけてるあたり、
本当に好きじゃないんだな
ってのがよく伝わってきます。

吉田VS小宮山

さて
ごはんを終えて
水を取りに行くヤンキー吉田。

弟に遭遇します。

何度か会っているこの2人。
肩を組み小僧と呼ぶヤンキー。

すると
めざとく
突っかかっていく小宮山。

おぉい!!

その声に反応するヤンキー。

あぁん!!

さっきからなんだコラ
と言っていることから、
ヤンキーももこっち席の
様子を伺っていたことが
わかります。

やっぱ
もこっちモテモテだな…

短いながらも
濃い回でした。

次回は2週後の
5/10です。

次の展開が楽しみです。
小宮山は引っ込んでて、どうぞ。

⇒ 《次:134話感想
⇒ 《前:132話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る