【私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!】134話感想:ヤンキー吉田(対 黒木家×)がかわいい回

スポンサーリンク

(谷川ニコ先生 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 引用)

喪134 モテないし周りは騒がしい
感想です。

小宮山がもこっち弟と
戯れるヤンキーと衝突した前回。

⇒ 《前:133話感想

そのまま食堂からの続きです。

スポンサーリンク

追いかける絵文字

もこっちを追って
学食へ急ぐ |_| の図。

食堂

さて
ヤンキーと小宮山のいざこざを見て、
みんなケンカすればいいんだ!!
と心の中で思うキバ子。

ナチュラルにクズなところが
本当にドン引きです。

そして
誰か止めてくんないかな…
とチラ見する小宮山も
自分からふっかけておいて
いい度胸です。

まぁでも一番おもしろいのは
止めようとするガチレズさんを
制止しつつも、
私と黒木さんと吉田さんは
よく一緒にいるから、
とネモに見せつけるように
いつでもどこでも全力で
マウントをとっていくスタイルの
ゆりちゃんですね。

そうこうしている間に、
小宮山は自分の行いを振り返り、
あやまろうと改心します。

素謝だな…

いやなんかその響きは…
緊急謝●案件的な、
んー何でもありません。

しかし
謝る小宮山をスルーして
弟と会話を続けるヤンキー。

これには小宮山も、
人が誤ってる最中
イチャってんじゃねーよ!!
とキレます。

ほんと弟のことになると
見境ないですね。

スッと無表情のまま
立ち上がる伊藤さんに草です。

そのまま小宮山を止めに
行きますが、
ヤンキーを止めるように
言われた弟は、
腕を伸ばして
ぐにっとつかんでしまいます。

姉弟そろって
ラッキースケベ体質かよ…

赤面して
てめっ何さわっ

と言ったのも束の間、
うらやましく思った小宮山が
言葉責めで攻撃します。

ヤンキーたまらず腹パン。

小宮山選手ダウン。

これにて一件落着です。

ゆりちゃんは
ヤンキーと話していた
男が誰だか気になる様子。

弟と会ったことあると
ネモの前で嘘ついてましたが、
やっぱり嘘でしたよね。

ネモはそんなゆりちゃんを
見てにやけます。

この2人のバトル
ほんとおもしろいな…

スポンサーリンク

教室へ

もこっちは智貴に
謎の勝利宣言をし、
教室へ戻っていきます。
with |_|

ネモは、
そのうちまた
行こうね学食
と、ゆりちゃんとは違う
柔らかな百合空間を
漂わせます。

教室へ戻ると、
噂を聞いた加藤さんが
明日一緒に食べようよと
もこっちを誘ってきます。

清楚ビッチと約束の
あるもこっちでしたが、
大好きな加藤さんは断れず、
はい、と返事をします。

隣のネモとゆりちゃんの
表情だけでおなかいっぱいです。

翌日の中庭に全員集合したところで、
今回はおしまいです。

ゆりちゃんは隣を陣取ったネモに
嫉妬しまくっていることでしょう。

清楚ビッチちゃん
座る場所ないけどいいのかな…

次回は5/24更新です。

⇒ 《次:135話感想
⇒ 《前:133話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る