【五等分の花嫁】37話感想:四葉!四葉!四葉てんこ盛り回

スポンサーリンク

(春場ねぎ先生 五等分の花嫁 引用)

第37話 勤労感謝ツアー②
感想です。

前回、一花と三玖の誘いを
断っておいて
四葉と仲良くデートに
出かけた風太郎。

一花と三玖を見かけ、
試着室に潜んだ前回でした。

⇒ 《前:36話感想

スポンサーリンク

修羅場を回避

この先の想定をする風太郎。

フータロー君
四葉と何してるの?

私たちの誘いは
断ったのに

Aはヤンデレなパティーン。
文字だけで台詞を見ると、
こっちがぴったりです。

Bは全然気にしてない風を
装いながら、
内心怒りが抑えきれない
パターンです。

女心に鈍感な風太郎は
Bの表情に安心して
後からキレられるパターン
ですね、わかります。

そんなことを
悩んでいると、
ここはお任せを!
と言う四葉。

不安しかありませんが、
案の定、一瞬で
2人に見つかります。

期待を裏切らない
とはこういうことです。

向こうに超面白い服が
あるから三人で…

不自然過ぎます。
どこから「お任せを!」
などと言う自信に満ちた
台詞が出たか知りたいです。

ハットとキャップ
フータローどっちが似合うかな?

なんと三玖は
風太郎のプレゼントを
探していたようです。

四葉回だと言うのに
容赦なく可愛さを
ぶっこんできます。

四葉はなんとか
2人を遠ざけようと
がんばりますが、
一花に試着させてと
頼まれ万事休す。

するとそこへ

同じ体なら
私が着るよ

と助け船を出す
風太郎。

いやいや
耳打ちすれば
よかったのでは…!?

あえて
危険な橋を渡っていく
スタイルの風太郎先輩、
マジ卍っす。

何はともあれ
窮地を脱する2人。

しかし
ということは
四葉は風太郎の
目の前で着替える
ことを意味します。

もう!
私だって女の子
なんですからね!

と、
ぷりぷりする四葉。

・・・

か、可愛い…
なんじゃこりゃ…

・・・

カワイイ

・・・

四葉の脱ぎシーンは
肩の紐を下にずらした
ところで早送りされたようで、
まったく見どころが
ありませんでしたが、
四葉の恥じらう表情に免じて
よしとしましょう。

顔が赤いのを三玖に
怪しまれますが、
そのまま二着目へ突入。

一夏のえっち…

あっ
作品を間違えました
一花でした。

四葉にはまだ
少し早い衣装のようです。

デート続行

2人が会計してるうちに、
と別れる流れになりますが、
らいはを見つけた風太郎。

とっさに四葉の手を引っ張り、
デート続行となります。

らいはは五月と約束だったようで、
五月にも見つからないよう
その場をすぐに離れます。

五月はらいは
大好きですね。

家に誰もいないじゃない、
とちらっと映る
二乃に大草原です。

誰にも会わないようにと
四葉がよく来るという公園へ。

デートの締めにふさわしくない
と言って他の場所を
提案する四葉ですが、
庶民の風太郎には
ここが気に入ったようです。

ブランコを漕ぎだす2人。

全力で漕いだ時の
景色がほっこりします
と言う四葉。

そしてジャンプ。

四葉が美しいです。

でも
そのジャンプは
運動神経がないと
割と危なめです。

それに対抗する風太郎。

・・・

見たかよ!
何が起きたんだ今

はい、
読者も知りたいです。

最後に
こんなのでよければ…
と、らいはにいらないと
言われた単語カードを
あげる風太郎。

センスなっ!

しかし
ほしいものは
もうもらいました
と、微笑む四葉。

2人で帰路につきます。

最後は四葉らしく

これ小学生向けだ…!!

と、しっかり
締めてくれました。

スポンサーリンク

次回へ

結局四葉のほしいものは
何だったのか?

風太郎の笑顔とか
そんな話でしょうか。

また来ましょうね
今度はみんなで
というのも意味ありげです。

まぁ四葉がかわいかったので
また今度じっくり考える
ことにします。

デート回は
終わってしまいましたが、
次回の展開も楽しみです。

⇒ 《次:38話感想
⇒ 《ハーレムエンドの可能性は?
⇒ 《前:36話感想

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る